Kernelパラメータ(SELinux)

投稿者: | 2017/04/17

CentOSをあわててセットアップしていたら、SELinuxのファイルを間違えて修正して再起動したら起動しなくなったので、カーネルパラメータでSELinuxを停止する方法、作業的に再インストールしてもあまり変わらないレベルだったけど、せっかくなので調べてみた。

GRUBでとめて、起動するカーネルにパラメータ「selinux=0」をつけて(CentOS7のGrubの場合)Ctrl + x で起動

linux16 /boot/vmlinuz-3.10.0-514.el7.x86_64 root=UUID=xxx ro vga=771 selinux=0

<参考>

selinux=1   –> Enable the SELinux
enforcing=0 –> Permissive mode
enforcing=1 –> Enforcing mode

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です