CentOS7(RHEL7) syslog省略(Suppressed)の件 → journal,rsyslog

xxx  x 99:99:99 server journal: Suppressed 1826 messages from /system.slice/postfix.service

CentOS7でメールのトラブルシューティング中。maillogが記録されていないじゃないかー、マジかよー(笑)
 
 
ということで、大量出力した際にsuppressedして出力抑制しないようにする方法を調査
Rateを変更して出力抑制しにくくする方法もありますが、抜け落ちはNG、でも負荷も気にするほど無いという状況なので、抑制無しにしてしまう。

/etc/systemd/journald.conf

RateLimitInterval=0

/etc/rsyslog.conf ($ModLoad imjournalの下あたりに入れておく)

$imjournalRatelimitInterval 0

サービス再起動

systemctl restart systemd-journald
systemctl restart rsyslog.service

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA