Excelの二重起動

WordとかPowerPointってSDIなのにExcelってなんでMDIなんだろう?MDIで便利なこともありますが、複数のファイルを開いて比較しながら見るときはSDIで複数開いて並べたほうがよくない?ってことで調べたのでメモ
Excel起動中でも、スタートメニュー等から、Excelを起動すれば、二重に起動できることはできるので、そこでもうひとつのExcelファイルを開けば、目的は達成されるのですが、通常Excelファイルをダブルクリックで開くことが多いので、Excelファイルをダブルクリックして関連付けされてるExcelを起動するのを多重起動されるようにしてみる。
◆WindowsXPの場合
フォルダオプションより、該当の拡張子(たとえば.xls)を選んで、「詳細設定」のボタンを押します。

Excel New Open

「新規」ボタンを押して、別ウィンドウで開くのようなメニューを作成します。

Excel New Open


Excel New Open

◆Windows Vista/7の場合
Vista/7の場合はフォルダオプションのような画面がないようなので、規定のプログラムを設定することはできるのですが、その中の細かい設定をする画面がない?。。ようなので、以下のようなツールを使って設定します。
FileTypesMan
該当の拡張子、(たとえば.xls)を選んで、下のまどで右クリックし、「新しいアクションを作成」します。

Excel New Open

アクション名や、キャプション名を付けて、Excelの実行ファイルを指定し、「%1」で引数を設定しておきます。
「規定のアクションに設定」にチェックをつけると、xlsファイルをダブルクリックしたときの動作になります。

Excel New Open

◆レジストリを直接編集
たぶん動くと思いますが、EXCEL2007で、.xlsファイルをダブルクリックしたら起動する例です。
xlsxだったら、「Excel.Sheet.12」かな(タブン)

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell]
@="OpenNew"
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenNew]
@="別ウィンドウで開く"
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenNew\command]
@="\"C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office12\\EXCEL.EXE\" \"%1\""
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenNew\ddeexec]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenNew\ddeexec\application]
@="Excel"
[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenNew\ddeexec\topic]
@="system"

別々のプロセスとして起動する副作用としては、別のExcelのシートをもう一つのブック内にコピーとか移動できなくなるのが不便かも?

Excelの二重起動」への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA